(残り20席)2018年1月21日(日)運動学・解剖学で考える脳性麻痺児(者)への運動療法

近年、医療やケアの発達により脳性麻痺児(者)は徐々に増えており、在宅で生活をしている脳性麻痺児(者)への対応は日本における大きな課題となっています。


在宅生活のQOLの維持向上にはリハビリテーションが必要であることから、訪問リハビリテーションや医療機関における脳性麻痺児(者)へのリハビリテーションを提供する機会も増えています。

脳性麻痺児(者)にとって、姿勢アライメントの維持、向上は将来の二次障害予防のためにも重要となります。

したがって、セラピストには脳性麻痺児(者)の姿勢アライメントの評価と治療に関する技術が求められます。

脳性麻痺児(者)への運動療法では、臥位レベルでの姿勢改善、座位や立位での姿勢保持や上肢活動、歩行動作のアプローチがあります。

みなさんはどのような知識や視点を用いて評価や治療を行っていますでしょうか?

 

本セミナー講師の大沼俊博先生は「運動学」「解剖学」の知識を用いて、脳性麻痺児(者)の評価と治療を行うことが重要であると言っています。


運動学、解剖学の知識に基づき、論理的な評価に基づき運動療法は、我々セラピストだからこそなし得るアプローチです。

本講習会では、脳性麻痺児者を対象とした臥位、座位、立位姿勢、上肢活動、歩行の改善のための運動学、解剖学観点からの評価とアプローチについて解説をさせて頂きます。

 

脳性麻痺児(者)のリハビリテーションにお悩みの方
姿勢アライメントの評価を学びたい方
に適したセミナー内容となっています。
 
講師
大沼 俊博先生
関西医療大学保健医療学部理学療法学科
理学療法士

大沼先生の解剖学・運動学に基づくハンドリングテクニックは受講生の方より大変好評をいただいています。

特殊なテクニックを用いるのではなく、解剖学・運動学の知識があれば適切なハンドリングは可能です。
内容 1)脳性麻痺児(者)の姿勢アライメントの評価
2)運動学・解剖学を用いた治療への展開
3)姿勢アライメントや動作の改善の治療(実技)
対象 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・特別支援学校の教員の方
開催日時 2018年1月21日 (日)
開始:10:45 | 終了:16:30 | 開場:10:30
会場 ファイブプラザ 4F 高槻南スクエア(大阪府高槻市城北町2丁目4-1)
阪急京都線 高槻市駅下車徒歩1分
JR京都線 高槻駅下車徒歩6分
地図:http://five-plaza.com/access/
講師 大沼 俊博先生
関西医療大学保健医療学部理学療法学科
六地蔵総合病院
理学療法士
主催 株式会社Work Shift
定員 30名限定(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
料金 10,000円
受講料は当日受付にてお支払ください。
備考 (1)申込人数が最少開催定員数に達しない場合は、セミナーを中止する場合もございますので何卒ご了承ください。
お申込みはこちらから

申し込みには、必要事項を記入いただき、送信ボタンのクリックください。
記入いただいたメールアドレスに受付完了のメールが届きます。

セミナー
(残り20席)2018年1月21日(日)運動学・解剖学で考える脳性麻痺児(者)への運動療法
お名前
※入力必須
所属(医療機関・介護事業所名等)
※入力必須
職種
※入力必須
経験年数
※半角数字で入力
ご住所(ご自宅)
※入力必須、全角半角文字で入力
メールアドレス
※入力必須、半角英数で入力

必ずパソコンでご使用のメールアドレスを入力ください。携帯電話用は不可

当サイトを知ったきっかけ
質問等ありましたらお書きください
キャンセルポリシー
セミナー申込後、お客様のご都合によりキャンセルをされる際は、
be.workshift@gmail.comまでご連絡下さい。
株式会社Work Shiftのキャンセルポリシーに基づき キャンセル料が発生致します。ご了承下ください
キャンセル料
  • ・セミナー当日から7日前まで:無料
  • ・セミナー当日から6日前から3日前まで:受講料の50%
  • ・セミナー2日前・前日・当日:受講料の100%
  • ・セミナー開催後の取消または無連絡不参加:受講料の100%

〒569-1042
大阪府高槻市南平台
Tel:080-2534-3947


Copyright(c) Work Shift All Rights Reserved.