当社発行物

当社の発行物(DVD・書籍等)や代表取締役 高木綾一が作成に携わった
成果物(調査研究・執筆物)等をご案内します。

高木綾一のリハビリテーション部門 マネジメント革命 DVD

リハビリテーション部門の管理職に行き詰まっているあなたへ

高木綾一リハビリテーション部門 マネジメント革命

「リハビリ部門のおかげで、当院は安泰だよ…」院長に、そう言ってもらう方法がここにあります

弊社代表取締役の高木綾一監修の「リハビリテーション部門マネジメント革命DVD」が、医療情報研究所より発売されました。

マネジメントのいろはを、余すことなく語っております。
興味がある方は下記サイトにてご確認ください。

→購入サイトはこちらから

リハビリテーション職種のキャリア・デザイン

高木綾一らが執筆した「リハビリテーション職種のキャリア・デザイン」が株式会社CBRより発売されました。

高木綾一リハビリテーション部門 マネジメント革命

資格があっても仕事が無い?!

これからの将来、リハビリテーション職種=PT・OT・STの雇用は不安定になり、労働市場において極めて熾烈な競争を強いられることになります。
近い将来に生じるPT・OTの過剰供給、地域包括ケアシステムの推進、高齢者数の増加の頭打ち、ロボットテクノロジーなどの技術革新、国家財政のひっ迫等が、リハビリテーション職種に熾烈な競争を強いる原因となります。

不確かな時代の中で、不安を感じているリハビリテーション職種の方は少なくありません。
「長い将来、この仕事をやっていけるのか?」
「将来に漫然とした不安がある」
「自分がやりたいことがみつからない…」

将来の自分を思い描けていますか?
現代は、全てのリハビリテーション職種にとってキャリア開発の視点が不可欠な時代といえます。
リハビリテーション職種を目指す学生・若手が自分に向き合い、 自分の人生を切り開くためのキャリア・デザインの方法論をわかりやすく解説します。

購入サイト
アマゾンで「リハビリテーション職種のキャリア・デザイン」でご検索
あるいは
株式会社CBR ホームページをご確認ください。

学会発表

ハムストリングス断裂により下肢マルアライメントを起こしたテニス選手の一症例
高木綾一・斉城一範・大工谷新一
スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会、 福岡県、2002年11月
胸椎の肢位が座位での肩関節周囲筋の活動に与える影響
高木綾一・山元多賀子・高崎恭輔・大工谷新一・鈴木俊明
近畿理学療法学術大会、兵庫県、2003年12月
膝内反変形を有する変形性膝関節症に対する足底板治療
高木綾一・山元多賀子・自檀地啓永、光田尚代、鎗水崇文、竹内元基
関西理学療法学会、 大阪府、2004年12月
白衣とトレーニングウェアーの運動・治療的イメージ ―通院群と非通院群による検討―
高木綾一・山元多賀子・大工谷新一・鈴木俊明
近畿理学療法学術大会 2005年11月
肩関節屈曲角度変化と重心動揺および下肢筋活動について
高木綾一・山元多賀子・高崎恭輔・大工谷新一・鈴木俊明
大阪理学療法学術大会、2006年7月
健常者の立位における上肢挙上時の足底圧中心軌跡のパターン分類
高木 綾一・山元 多賀子・ 藤田 元生・ 高崎 恭輔・ 大工谷 新一・ 鈴木 俊明
第42回日本理学療法士学術大会 新潟 2007年5月
健常者における閉眼立位時の上肢挙上保持が重心動揺に与える影響 ~COP周波数解析とCOP変異量に着目して~
高木綾一・高崎恭輔・大工谷新一・鈴木俊明
大阪理学療法学術大会 2007年7月
立位における急速な上肢挙上運動中の姿勢制御
高木 綾一・ 高崎 恭輔・ 大工谷 新一・ 鈴木 俊明
第43回 日本理学療法士学術大会 福岡 2008年5月
外来運動器疾患患者の運動継続支援に関する研究
高木綾一・大工谷新一・鈴木俊明
第20回大阪府理学療法学術大会 大阪府 2008年7月
座位における急速な上肢挙上時の体幹筋筋活動と座圧中心軌跡―上肢挙上速度の相違による検討―
高木 綾一・高崎 恭輔・大工谷 新一・鈴木 俊明
第44回 日本理学療法学術大会 東京 2009年5月
当院におけるコスト適正化活動
高木 綾一・大工谷 新一・鈴木 俊明・喜馬 通博
日本医療マネジメント学会大阪支部 第2回学術総会 大阪 2010年1月
健常者の立位における急速な上肢挙上の姿勢制御‐表面筋電計と三次元動作解析装置を用いた検討‐
高木綾一・高崎恭輔・大工谷新一・鈴木俊明
第22回大阪府理学療法学術大会 大阪 2010年7月
脳卒中患者における上肢挙上保持時の姿勢制御
高木綾一・高崎恭輔・鈴木俊明
2011年5月 第46回日本理学療法士学術大会
上肢挙上運動時の予測的な姿勢制御‐任意及び非任意タイミングの挙上による検討 –
高木綾一・鈴木俊明
2012年7月 第24回大阪府理学療法学術大会
セラピストの従業員満足度調査に関する報告
高木綾一・鈴木俊明・喜馬通博・山口洋子・荒川龍介
2013年5月 第48回日本理学療法学術大会
セラピストの人事考課成績に影響を与える要因に関する研究
高木綾一・畠淳吾・鈴木俊明
2014年5月 第49回日本理学療法学術大会
Current status of standardization of the medical rehabilitation technology in Japan: Analysis of knowledge management
Ryoichi Takagi・Toshiaki Suzuki
2015年5月World Confederation for Physical Therapy Congress 2015

論文・書籍

膝内反変形を有する変形性膝関節症に対する足底板治療
高木綾一・他 2005年 12月 関西理学療法
健常者における上肢挙上時の姿勢制御について -立位時の足底圧中心による検討-
高木綾一・他 2007年 12月 関西理学療法
Physical Therapy for Shoulder Disorders -肩関節疾患と理学療法-
監修 鈴木俊明・他 共著 高木綾一・他 (共著)2009.12
The Center of the Body -体幹機能の謎を探る-
監修 鈴木俊明・他 共著 高木綾一・他 (共著)2010.12
The Real Physical Therapy —理学療法の現場から—
監修 鈴木俊明・他 共著 高木綾一・他 2011.12
2025年に向けたリハビリテーション事業戦略 連載シリーズ
高木綾一 キャリアブレインマネジメント 2014.10
15年度介護報酬改定で変わるリハビリ 連載シリーズ
キャリアブレインマネジメント 2015.4
住まいと住まい方
高木綾一 Physical Therapy OSAKA 2015.4
2016年7月号~2017年2月号「短時間通所リハ 運営の工夫」連載
高木綾一 月刊デイ QOLサービス
2017年7月号~ 「リハビリ職に求められる連携のためのマネジメント力」連載
高木綾一 Rehaje QOLサービス
18年度同時改定に備えるリハビリ戦略(1) 回復期リハ病棟・訪問リハ・通所リハの行方
高木綾一 キャリアブレインマネジメント 2017.8
18年度同時改定に備えるリハビリ戦略(2)通所リハ・訪問リハは「在宅回復期」に対応を
高木綾一 キャリアブレインマネジメント 2017.8
2017年9月号~ 「2018年度診療報酬・介護報酬改定の解説と対応」連載
高木綾一 臨床老年看護 日総研

〒569-1042
大阪府高槻市南平台
Tel:080-2534-3947


Copyright(c) Work Shift All Rights Reserved.