セラピストの働き方のヒント ソーシャルワーク

ソーシャルワークとは 「生活をする上で何らかの困難を抱えている人の多様なニーズを把握して、社会資源を活用し、援助する専門的な対人援助技術」 である。

ソーシャルワークの対象は、ミクロ・メゾ・マクロに分かれる。

ミクロ・ソーシャルワーク
個人面接を通して、課題やニーズを把握し、適切なサービスを調整し、提供する。
主な手法は面接となる。
面接を通じて、課題とニーズをとらえ、利用者が自分自身の課題を明確に把握し、課題解決に向けて自己決定できるように支援していく。
受容的・非審判的な態度・秘密保持・人権尊重・援助計画作成能力が求められる。
例:カウンセリング・面談・個別リハビリテーション

メゾ・ソーシャルワーク
集団や組織の構成メンバーに対して支援を提供する。 メンバー同士が相互関係を発展させ、課題解決に向けて支援する。
集団への強制をなくすために、「離脱できる自由の保障」が重要である。
他のメンバーと接することで、自分を客観的に見るようになり、自身の問題に気づくことや他者への共感により孤立状態から脱却できる。
また、集団にいると役割や多様な交流が発生し、社会の一員としての活性化につながる。
例:通所介護・通所リハビリ・患者の会・地域グループ

マクロ・ソーシャルワーク
地域社会を対象として、生活をするうえで困難を抱えている人の背景にある社会問題に着目し、個人を支援していく。
社会に対するサービス供給側の課題も考え、地域社会全体に働き掛けていくことになる。
例:NPO・社会福祉協議会・行政・一般社団法人・株式会社 193119 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の職域拡大やキャリアデザインを考えるうえでも、ソーシャルワークの視点は有用である。

自身の持っている知識や経験をどのような場で提供し、社会の役に立てていくのか?

そして、どのようにして収入を得ていくのか?

これらについて、ソーシャルワークのモデルを用いて、考えるとヒントが得られるかもしれない。

投稿者
高木綾一

株式会社WorkShift 代表取締役
あずま整形外科リハビリテーションクリニック
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術/MA)(経営管理学/MBA)
関西医療大学保健医療学部 客員准教授

なぜ、セラピストのキャリアデザインが必要なのか?

セラピストを取り巻く環境は、近年非常に厳しいものとなっている。

かつての、比較的安定した雇用に変化が表れている。

時給の低下、生産性向上への期待、在宅医療へのシフト、非正規雇用の増加などの環境変化により、多くのセラピストが今後の仕事に対して不安を感じている。

日本全体の労働力の1/3が非正規雇用であることを考えると、医療・介護に関しても非正規雇用が増えることは致し方ありない。

さらに、理学療法士は年間1万人、作業療法士は年間5千人増加し、過剰供給による「資格の価値」の低下も懸念される状況である。

このような背景から、現代に働く理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の多くは、5年後の自分の生活を想像することすら難しくなっている。

安定した一つの組織でキャリアを発展させることができるセラピストは減少し、多くの人が何度も職場や仕事内容を変えることになる時代が到来している。

2050年に向けて労働環境は益々、流動的となり、キャリアの主体は組織から個人へシフトしていく。

2050年に向けて働くセラピストは、「環境変化が著しい仕事人生をいかに乗り越えるか」という技術が必要である。

まさに、自分の人生をデザインする力がこれからのセラピストには求められている。 20150416230254592 大病院や正規雇用のセラピストでさえ、自分の将来に向けてのキャリアの道筋を明確に定めることが難しい現状である。

キャリアデザインの意識なしに仕事をするのは、地図や羅針盤を持たずに砂漠を歩くのと同じである。

自分の人生をどのようにデザインするか? 真剣に考えなければならない時代が到来している。

 

投稿者
高木綾一

株式会社WorkShift 代表取締役
あずま整形外科リハビリテーションクリニック
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術/MA)(経営管理学/MBA)
関西医療大学保健医療学部 客員准教授

常勤 理学療法士・作業療法士 募集 茂澤メディカルクリニック(東京都荒川区)

2020年春に茂澤メディカルクリニックは運動器リハビリテーションを開始いたします。
それに伴いまして、オープニングスタッフの理学療法士・作業療法士を募集いたします。
地域の健康増進に貢献するために、質の高いリハビリテーション医療に取り組むクリニックを目指します。
なお、株式会社Work Shift代表取締役の高木綾一氏が、茂澤メディカルクリニックリハビリテーション科の顧問に就任し、リハビリテーション科のマネジメントを指導いたします。
新規事業である運動器リハビリテーション立ち上げや質の高い運動器リハビリテーションに興味・関心のある理学療法士・作業療法士のご応募をお待ちしております。

当クリニックリハビリテーション科の以下に示す項目の実現を目指します。
①生理学・病理学・解剖学・運動学に基づく根拠のある運動器リハビリテーションを提供する
②セラピストの教育体制を充実させキャリアデザインを推進する
③運動器疾患の予防を推進する

また、当院の常勤理学療法士・作業療法士は株式会社Work Shiftが提供するセミナーに無料で参加することが出来ます。

条件
募集人数:2名~3名
募集対象:常勤
募集資職種:理学療法士・作業療法士
対象:新卒から10年目

給与
モデル給与
①新人から5年目(役職なし) 年収 340万円以上
②5年目から10年目(役職なし)年収 400万円以上
③5年目から10年目(役職あり)年収 420万円以上
※経験、能力に応じて年収を検討いたします
昇給:1回/年
勤務:週5日
休暇:週休2日制

診療所定休日:日曜日・祝日、夏期休暇、年末年始、その他クリニックで定める休日

勤務体制:
午前診 始業8時45分~終業12時30分 (月・火・水・木・金・土)
午後診 始業14時30分~終業18時30分 (月・火・水・木・金)

福利厚生:
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、退職金制度あり、交通費規定支給(上限2万円)、制服貸与、引っ越し費用支給(規定に基づく)

勤務地:茂澤メディカルクリニック
〒116-0003 東京都荒川区南千住3-4-1
東京メトロ日比谷線「南千住」駅南出口1番より徒歩3分
JR常磐線・つくばエクスプレス「南千住」駅より徒歩4分

勤務内容:運動器リハビリテーション・その他、付随する業務(事務・広報等)

教育研修:株式会社Work Shift主催リハビリテーション研修セミナーに参加可能

ホームページ: https://www.mozawa-clinic.com/

お問い合わせ・求人応募は以下の情報を記入の上メールアドレスよりご連絡をください。
①氏名
②資格
③経験年数
④現在の居住地
採用担当者
高木綾一(茂澤メディカルクリニックリハビリテーション科顧問・株式会社Work Shift)
メールドレス be.workshift@gmail.com

PT・OT・STのキャリアデザインを考える サニー・ハンセンの「統合的人生設計」

従来のキャリア理論は、個人の興味・関心・価値観を最重要視しており、個人の特性が最もキャリアデザインでは重要であると説明している。

しかし、社会環境の激しい変化や価値観の多様性が進む現代社会においては、個人の特性のみを考えたキャリアデザインでは、困難な状況に陥る可能性がある。

そのような背景を踏まえて、1997年にサニー・ハンセンは、「統合的人生設計」という概念を提唱した。

「統合的人生設計」とは、個人・その家族・地域社会・世界のニーズを包括的に考え、キャリアデザインを行っていく考え方である。

統合的人生設計には以下の6つポイントがある。

1)グローバルな視点から仕事を探す
興味・関心・能力・価値観だけでなく、地球規模で必要とされている事柄や課題に興味を示し、それらの解決をどのようにすればできるかについて考えることが重要である。
そのうえで、自身の仕事について考える。

2)自分の人生を「有意義な全体」として位置づける
職業選択では、人生の複数の役割と職業をどのように組み合わせるかについて考えるべきである。
興味や満足だけでなく、人生における様々な要素と組み合わせることが重要である。

3)家族と仕事を結びつける
伝統的な男女の役割は大きく変化しており、今後も女性の社会進出や男性の仕事に対する考え方の多様化は進んでいく。
育児・家事・介護なども夫婦や家族における重要な役割であり、これらのことも考慮したキャリアデザインが重要である。

4)多様性と包括性を重んじる
人種・民族・社会階級・宗教・年齢・性別・身体能力・性的嗜好など自分とは異なる人々で社会は構成されてい。
よって、多様性を重んじる姿勢でキャリアデザインを行っていくことが重要である。

5)内面的な意義や人生の目的を探る
仕事を通じて得られる内面的な意義を見出すことが重要である。
職業選択においては、内面的な意義を感じられるかに焦点を当てる必要がある。

6)個人の転機と組織の改革に対処する
社会環境の激しい変化や終身雇用制の崩壊により、各個人が自身の人生の変化に対処する技術が必要となっている。
キャリア形成においては、自身の人生の変化にも対処できる技術を身に着ける必要がある。 090750 例えば、セラピストが興味を持った事柄について取り組もうとした時に、その事が社会に貢献しないことだったり、家族に迷惑をかける可能性があることがわかったとする。

その場合、社会貢献や家族との調和の視点から、改めて自分のしたいことは本当に必要なことであるかを考えることが重要となる。

興味・関心・価値観だけで、キャリアデザインを行うのではなく、社会や身近な人との融和や貢献について考えることが、これからのキャリアデザインには必要であるとサニー・ハンセンは提唱している。

投稿者
高木綾一

株式会社WorkShift 代表取締役
あずま整形外科リハビリテーションクリニック
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術/MA)(経営管理学/MBA)
関西医療大学保健医療学部 客員准教授

セラピストに圧倒的に足りない基本ビジネススキルを高める資格

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士に足りないスキルの一つにビジネススキルがある。

養成校在籍中はリハビリテーションや医学に関する勉強や実習は経験しているが、ビジネスキルに関してはそれほど時間をかけて勉強をしていない人がほとんどである。

また、臨床に出てからも、評価や治療法に関する勉強はするものの、ビジネススキルの習得は二の次というセラピストが多い。

しかし、現在の医療・介護の現場では、カンファレンス、資料作成、申し送り、プレゼンテーションなどの機会も多く、ビジネススキルが不十分であると、業務に支障が生じる状況になっている。

一昔前のセラピストであれば、リハビリテーションの職人として働いていれば良かったが、今はビジネススキルを身に着けた職人でなければ、現場では戦力とみなされない。

ビジネススキルとは、「仕事をするために最低限必要な仕事の技」と言える。

具体的には、以下の3つの要素に分けられる。

・ テクニカルスキル(業務遂行能力):業務を行うために必要な能力

・ ヒューマンスキル(対人関係能力):上司や部下、同僚、クライアントと円滑な関係を構築する

・ コンセプチュアルスキル(概念化能力):物事の本質を見極め、他のメンバーに伝えていく

これらの要素は仕事を通じて高めていくことが基本であるが、学習を効率的に行うために資格の取得も有効である。 3ed201e61f3cc0c743bb444fae1a7418_s 特に、テクニカルスキルに関する資格は多く存在しており、その気になればすぐに学習をすることができる。

以下のような資格がテクニカルスキルに該当する。

ビジネス実務マナー検定
パソコン検定
ビジネス能力検定
Word文書処理技能認定試験
ITコーディネーター MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
ビジネス・キャリア検定
情報検定

これからの時代、文書作成や表計算作成は最低限のスキルである。

また、ITを用いた情報や業務の管理もどんどん発展していく。

今の時代に生きるセラピストはリハビリテーションや医学だけでなく、基本的なビジネススキルも学ぶ必要性が高いと言える。

投稿者
高木綾一

株式会社WorkShift 代表取締役
あずま整形外科リハビリテーションクリニック
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術/MA)(経営管理学/MBA)
関西医療大学保健医療学部 客員准教授