年末のご挨拶に変えて2021年を振り返ります

株式会社WorkShift代表取締役の高木綾一です。

2021年も新型コロナウイルスの影響を受けた一年でした。

弊社の事業の中核である「医療・介護事業コンサルティング」「キャリアカウンセリング」「教育事業」は対面である方が効果を上げやすいのですが、この2年間は対面で行うことが難しい状況となりました。

そのため、2020年11月から12月に弊社事業のオンライン化を完成させ、2021年はほとんどの案件をオンラインで実施しました。

オンラインにサービスを移行することで、「オンラインでできること・出来ないこと」も把握することができました。

特に、教育事業ではオンラインでは知識を伝えることは出来るのですが、実技練習ができないというデメリットがあります。

やはり、リハビリ職種やケア関連職種の専門性は「実技」ですので、オンラインのみの教育では教育の質の担保は不十分であると考えています。

そのため、弊社では新型コロナウイルスの収束後は、速やかに「実技」を中心としたセミナーを開催する予定としております。

2021年は弊社の企業価値を上げるために二つの取り組みを行っておりました。

一つは、「外来リハビリ・通所リハビリ・通所介護のリハビリテーション」に関する書籍の執筆作業です。

弊社は、外来リハビリ・通所リハビリ・通所介護を対象としたコンサルティングや教育を強みにしています。

強みであるコンテンツを書籍化することで弊社やビジネスパートナーの価値向上を図ることができます。

2022年3月から5月に発売予定となっています。

現在、関係者各位が渾身の執筆作業をしておりますので、出版を楽しみにして頂ければと存じます。

二つめは、リハビリ・ケアに関するイラスト販売事業となります。

この事業はイラストスタジオ福之画代表でメディカルアナトミーイラストレーターの福山真樹さんの協力により行う予定です。

リハビリやケアに関連するイラストを低価格で販売し、近年、問題となっている著作権問題の解決や教育現場の質の向上などに寄与したいと考えております。

イラスト販売事業は2022年1月にはリリース予定となっています。

新型コロナウイルスに関しては、メディアや専門家からの偏った報道や意見が社会不安を生じさせ、経済崩壊や陽性者に対する差別などを助長させています。

このような世の中だからこそ、情報の本質を見抜く力が必要だと感じています。

株式会社WorkShiftはコンサルティング、キャリアカウンセリング、教育事業等において顧客の皆様に情報の本質を伝えることを矜持としています。

2022年も全力で事業運営に邁進いたしますので何卒宜しくお願い致します。

真夏に息子の野球チームで球審をした時の写真です!
来年より息子は高校生となり高校野球を頑張ってくれるでしょう!

戸建てセミナールーム閉鎖のお知らせ

2021年1月末を持ちまして株式会社Work Shiftが管理・運営をしておりました戸建てセミナールーム「在宅リハビリテーション・ケアスクール 高槻」を閉鎖することになりました。

閉鎖の主たる理由は「新型コロナウイルスによる対面式セミナー実施」が困難であることです。

この戸建てセミナールームは在宅リハビリテーション・ケアの本質を伝える目的で赤字覚悟で運営をしておりました。

まさに、弊社の理念の結集だったのですが、会社の経営継続のため手放すことになり痛恨の極みです。

2020年には大阪府淀川区のセミナールームも閉鎖し、再び、セミナー会場を閉鎖することになるのは社長である高木綾一の不徳の致すところです。

しかしながら、株式会社Work Shiftの理念は失っておりません。

理念さえ失わなければ、手段や方法はいくらでもあります。

2020年12月にワークシフトオンライン(https://workshift-online.com/)を開設し、オンライン専門のセミナーを開催しております。

新型コロナウイルスが収束次第、速やかに対面セミナーにて理学療法士・作業療法・言語聴覚療法・在宅リハビリテーション・ケアに関する技術講習会を開催いたします。

今回の戸建てセミナールーム閉鎖は、未来に向けた次の行動のきっかけとも言えます。

戸建てセミナールームのご活用いただきました講師の先生方・参加者の皆様、本当にありがとうございました。

今後とも株式会社Work Shiftをよろしくお願いいたします。

株式会社Work Shift
代表取締役 高木綾一

2021年1月26日 引っ越し作業の風景です

年末のご挨拶に変えて2020年を振り返ります

2020年は想像もしていなかった状態となりました。

新型コロナウイルス感染拡大により、働き方、生き方、人間関係、ビジネスモデルが大きく影響を受け、人間の弱さと強さを知る一年となりました。

私が2020年に感じたことは「本当の脅威はウイルスではなく、差別である」ということでした。

「ウイルスに感染した人間・体調不良の人間・発熱した人間・感染者に近い人物」を反社会的人物という扱いで報道したメディアやそれに同調した一部の国民。

「危機的状況では人間性の本質が現れる」とはまさにこのことだと感じました。

2020年4月頃には、弊社に対して「こんな時期にセミナーを開催しているのは医療人としての人間性が欠如している」「株式会社Work Shiftでセミナー講師をしている人間はどんな人間だ?」「株式会社Work Shiftは金もうけしか考えていない」と他社、療法士個人などから攻め立てられました。

感染症対策や法的な準備などが進んでいない状況では、簡単に企業活動を停止することはできません。

弊社職員、ステークホルダー、関係先業者などへの影響を考えると企業活動の停止は相当状況が整理できなければできないことです。

このような状況にもかかわらず、弊社に対して理不尽な意見や誹謗中傷を社会に拡散した他社や療法士個人を私は一生忘れません。

新型コロナウイルスの指定感染症の格下げが当面の間見込めないと判断して、弊社はて新たな進化にチャレンジしました。

2020年6月にはオンラインセミナーをスタートしました。

また、2020年8月以降はオンラインにてコンサルティング、企業研修を実施しました。

そして、2020年12月には「ワークシフト オンライン」という弊社のサービスをすべてオンライン化したサービスを開始しました。

さらに、「リハビリテーション職種の在宅リハビリ・ケア」を株式会社シービーアールより出版することもできました。

これら社内の変革も遂げながら、未来への投資を惜しまずに株式会社Work Shiftを守ります。

最後に、今年いただきましたご贔屓に厚く御礼申し上げるとともに、来年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2020年から昔の体を取り戻すべく、筋トレをガンガンしております!(ジムにて)

 

 

ワークシフトセミナールームを閉鎖いたしました

株式会社Work Shift代表取締役の高木綾一でございます。

2020年5月末を持ちまして、株式会社Work Shiftが保有するワークシフトセミナールームを閉鎖する決断に至りました。

新型コロナウイルスによりオフラインの研修が当面は困難と考えられ、会社を守るためにセミナールームを閉鎖することいたしました。

新型コロナウイルスが社会に容認される時期になれば、再び、オフラインセミナーを開催したいと思います。

オフラインセミナーは医療・福祉従事者にとって必ず必要な教育インフラと信じてやみません。

必ずや再開をいたしますので、その折には何卒よろしくお願いいたします。

2020年5月21日 セミナー会場の備品の引っ越し作業での写真
みなさん、本当にお世話になりました
また、会う日まで

2020年4月14日より株式会社Work Shiftの教育セミナー事業は大阪府の休業要請・協力依頼により事業を停止いたします

大阪府は新型コロナウィルス感染拡大を防ぐために様々な業種に休業要請を行っております。

休業要請の対象となる業種において「学習塾」が含まれております。

当社の教育セミナー事業は、医療・介護従事者の方が当社保有のセミナールームに集い、リハビリテーションや介護の技術や知識について学ぶという事業形態であるため、「学習塾」の業種に含まれると判断しました。

当方のセミナールームは1000㎡以下であるため、大阪府より「施設の使用停止について協力を依頼」を受けているため、大阪府の休業要請が解除されるまで当面の間、セミナールームを使用停止にすることとなりました。

これにより、4月初頭より新型コロナウィルス感染拡大防止の観点よりセミナー事業を延期・中止しておりましたが、大阪府の休業要請期間である4月14日以降は大阪府の法的根拠に基づく休業要請等に基づき、教育セミナー事業が停止することとなります。

また、新型コロナウィルスの収束後は、速やかに教育セミナー事業を再開したいと存じますので何卒、休業にご理解をいただけますと幸いです。

2020年4月14日
株式会社Work Shift
高木綾一